はなまるの雑記

好きなことを好きなときに書きます。

【欅坂46】平手友梨奈-欅坂46不動のセンター-【キャロてち】

スポンサーリンク

欅坂46の絶対的エース

平手友梨奈のプロフィール

欅坂46 平手友梨奈

欅坂46 平手友梨奈

出典:https://rockinon.com/interview/detail/184188

 

ニックネーム てち、てっちゃん

生年月日 2001年6月25日

年齢 17歳(2019年5月現在)

出身地 愛知県

血液型 O型

身長 163㎝

 

言わずと知れた欅坂46の絶対的エースです。デビューから現在までのシングル曲8枚すべてにおいてセンターを務めており、高い表現力とそのカリスマ性で不動の人気を誇っています。

また、女優としても活動しており、映画出演にして主演を務めた映画『響-HIBIKI』での演技が高く評価され、第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞に輝きました。

 

キャロすぎる平手友梨奈「キャロてち」とは?

この「キャロい」という言葉の語源は、欅坂46の副キャプテン守屋茜がブログ内で、平手とのツーショットと共に使用した「かわいい」という意味の「キャロライン」という造語から。(参照:守屋 茜公式ブログ | 欅坂46公式サイト)

守屋の投稿から一気に「キャロい」がファンの間に浸透し、かわいいかわいい平手友梨奈を愛でる意味で「キャロてち」が多くのファンに広く使用されています。簡単に使える言葉なので初めて知ったという方も軽率に使っていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

おすすめのキャロてち

一発芸を披露するてち

欅坂46 平手友梨奈

欅坂46 平手友梨奈

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/

 

これは平手友梨奈さんがGO!平手だったときの画像です。また、流れ星のちゅうえいが好きなことも公言しており、ちゅうえいの一発芸をしたり、実際に会った時には大興奮してはしゃいでいました。この頃が懐かしいです。

 

赤ちゃん言葉でやりとり

欅坂46 平手友梨奈 今泉佑唯

欅坂46 平手友梨奈 今泉佑唯

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/

 

元メンバーの今泉佑唯と赤ちゃん言葉で話しているてち。またこの二人の絡みが見れる日が来るといいですね。

 

かわいいチャンス

欅坂46 平手友梨奈

欅坂46 平手友梨奈

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/

 

「欅って書けない?」での激辛クイーン決定企画での一コマ。使用後にかわいくなれる土田チャンス(口に甘い練乳を入れてもらえる)を使わずにかわいくなるてち。カメラにウインクした途端メンバーから「カワイイ!」との悲鳴が上がりました。

 

平手友梨奈のイメージ

4枚目シングル「不協和音」~5枚目シングル「風に吹かれても」あたりからでしょうか。平手が「暗い」「病んでいる」というイメージを持たれるようになったのは。

 

もともと欅坂46はデビュー曲の「サイレントマジョリティー」で笑顔を全く見せず、その真顔でのパフォーマンスから常識を覆す「笑わないアイドル」として人気を集めましたが、センター平手は冠番組では天然な性格と笑顔のかわいさで人気でした。

 

決定的な異変は、2017年8月の「TOKYO IDOL FESTIVAL2017」での野外ステージでの平手の姿でした。髪で隠れた顔は青白く、暗い表情でパフォーマンスも弱々しい、明らかにいつもと違うおかしな平手。当時このことがニュースで取り上げられ、世間的に反響を呼びました。

 

平手のパフォーマンスは、曲の世界に入り込み、歌詞の主人公が乗り移ったかのようで、「憑依型のパフォーマンス」と称されることがあります。

特に欅坂46は世間や大人に刃向かうような内容の曲が多く(「サイレントマジョリティー」「エキセントリック」「不協和音」など)、その世界観に入り込みすぎた結果、精神的に病んでしまったのではないかとの考察もあります。運営によるキャラ設定だという意見もありますが、実際のところはわかりません。

欅坂46 平手友梨奈

欅坂46 平手友梨奈

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/

 

先月、約半年ぶりにけやかけに出演したてち。SNS上でトレンド入りし、話題になりました。やっぱりてちは笑顔が一番です。もっと多くの人がこの笑顔の素敵なてちのことを知って好きになってくれることを願っています。

 

私的コメント

まだ私が欅坂46に本格的にはまる前、「欅坂46というグループに最年少でセンターのヤバイやつがいる」という噂だけは耳にしていました。

音楽番組でデビュー曲の「サイレントマジョリティー」を披露しているのをたまたま見かけたとき、センター平手友梨奈の当時14歳とは思えない強いまなざしと存在感に驚愕したのを覚えています。

 

ファンだけでなく、音楽業界をはじめとする多くの業界から注目を集め、アイドル業以外もたくさんの仕事をこなすてち。

デビュー当初から現在に至るまで多忙を極めていることでしょう。若干17歳の少女にどれほど大きな重圧がかかっていることでしょうか。無理だけはしないことを祈りつつ、影ながら応援していきたいと思います。

てちは欅坂46になくてはならない存在ですが、不在時は鈴本美愉、小林由依などが立派にセンターを務め、グループとしてのパフォーマンスを成功させています。そんな頼もしいメンバーのことを時には頼りながら、不動のエースとしてこれからも欅坂46を大きくしていってもらいたいです。