はなまるの雑記

好きなことを好きなときに書きます。

【欅坂46】小池美波-ふんわり笑顔が魅力!-【みいちゃん】

スポンサーリンク

欅坂46の中では甘えん坊な一面があり、ふんわりとした印象の小池美波。一方では関西出身ということもありお笑いが好きで、ネタをやることに対して貪欲な一面も。

他にもエセ関西弁を使うメンバーにかなり厳しかったりとかわいらしい印象とのギャップも魅力なメンバーです。

また、パフォーマンスの面でも度々高評価を受けており注目を集めています。そんな小池美波のプロフィールやエピソードなどを紹介していきます!

ふんわり笑顔が魅力な小池美波を紹介!

小池美波のプロフィール

欅坂46 小池美波

出典:小池 美波公式ブログ | 欅坂46公式サイト

 

ニックネーム みいちゃん

生年月日 1998年11月14日

出身地 兵庫県

血液型 B型

身長 159㎝

 

関西出身でお笑い好き!

芸人の東京ホテイソンとコラボ

欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』にて2018年2月に小池美波と小池のお気に入りの芸人「東京ホテイソン」がコラボし、ネタを披露しました!

 

欅坂46 小池美波 東京ホテイソン

欅坂46 小池美波 東京ホテイソン

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/keyaki/

 

小池が好きだという水族館のネタを披露。かわいい声でしっかりとツッコミをやり切り、笑いを誘いました。

MCの土田さんは、「小池が楽しそうにやってるのが良い」とコメント。自分の好きなことでアピールしていくのはとてもいいことですね。

 

ちなみに小池が披露した東京ホテイソンの水族館ネタはこちらからご覧いただけますので、気になる方は見てみてください♪

 

youtu.be

 

メンバー考案の企画をプレゼン

先ほど紹介したように、東京ホテイソンとコラボしスタジオでネタを披露した小池。その後ファンからネタをやったことについて反響があったようで、握手会でも話の種になったそう。

これについて小池は、「こんなに人を笑顔にすることって楽しいんだ」「自分も殻を破れてような気がした」とコメント。そういう経緯で、小池は「小池美波の芸人ネタ修行」という企画をプレゼンしました。

永遠の憧れはあの「吉本新喜劇」で、小学生の頃から見てていつかここに立ってみたいなと思っていると語った小池でしたが、彼女は一体どこに向かっているのでしょうか(笑)

 

この企画は前向きに検討ということで、2期生に関西勢が5人いることですし、今後その2期生を含めた「小池美波の芸人ネタ修行」企画が行われるかもしれませんね♪

 

『ザ・ヒットスタジオ』でレギュラー出演

毎週火曜日25時放送の『ザ・ヒットスタジオ(火)』に小池美波がレギュラー出演しています!

 

欅坂46 小池美波 ラジオ

出典:ザ・ヒットスタジオ(火) | MBS AM1179 FM90.6

 

直近の放送では、『欅共和国2019』の感想を話していました。他にも欅坂46メンバーの裏話なども発信していますので、気になる方はぜひ聞いてみてくださいね♪

 

『アンビバレント』センターを務めるメンバーのポジションをカバー

どういうことかというと、2018年末に各テレビ番組で欅坂46が7thシングル『アンビバレント』を披露したのですが、その時オリジナルのセンター平手友梨奈が不在でした。

そのため、フロントメンバーの鈴本美愉・渡邉理佐・土生瑞穂・小林由依がそれぞれ代わる代わる代理でセンターを務めたのですが、その代理センターメンバーのポジションに入ったのが4パターン全てにおいて小池美波だったのです!

つまり、小池は自身のポジションを含め5つのポジションをこなしたことになります。小池が器用なのはもちろんですが、それだけ陰の努力があったと推察できます。

代理センターが話題となりましたが、一方でファンの間では小池の功労がすごいとひそかに称えられていました。

 

ちなみにアンビバレントのオリジナルのフォーメーションにてついては下記参照。小池のポジションには2期生の森田ひかるが入っていました。

 

私的コメント

個人的に佐藤詩織と並んで「いつの間にかあか抜けてたメンバー」がこの小池美波です。いつの間にか金髪になってました(笑)

ラジオでレギュラー出演していたり、感覚的にですが雑誌のグラビアに多く登場していたりと外仕事も案外こなしていますよね。小池だけでなく他のメンバーもそうですが、そいうところを見ると欅坂46も大きなグループになったのだなあと感じます。

 

また印象的なのが有名な話?ですが、2018年の全国ツアー千秋楽で披露した『二人セゾン』の小池美波のソロダンスがアドリブだったという話。

『二人セゾン』のオリジナルのフォーメーションはセンター平手友梨奈を小池美波と原田葵が挟む形ですが、このライブでは二人とも不在でした。

ソロダンス直前に、そこに誰もいないことに不自然さを感じ、気づいたら一歩前に出て踊っていたというコメントを後にしています。

ソロダンスパートは何度か踊った程度だったにもかかわらず、完璧にパフォーマンスをした小池の土壇場の爆発力は本当に素晴らしいですね。まさにゾーンに入ったという状況だったのでしょうか。

 

小池はこれまでフロントを3回務めていますし、紹介したアンビバレントでのポジションカバーなど安定したパフォーマンスが認めらています。個人的には今後エースメンバーに食い込んでいく可能性が大いにあると予測しています。

即戦力ばかりの2期生に関西勢が多く、彼女らをまとめる小池の図での活躍もひそかに期待しています(笑) 覚醒的な爆発力を秘めた小池美波の今後のさらなる飛躍が楽しみですね。